ひまわり生命フェミニーヌと健康のお守りを比較

もうだまされない!わたしたちの保険料は保険会社の利益に・・・

最近はテレビや雑誌で保険加入だの見直しだの、よくCMを観ますよね。
女性向けの保険もたくさんあって、
いったいどれがいいのか?と思っちゃいますが、

 

毎月支払うので、ほんの2000円程度でも何十年も支払うことになれば
結構な金額になります。

 

ふんわり カワイイ あ〜〜んしん♪ 

 

 

イメージだけで入ったら損します。よく調べてムダなく保険に加入しましょう。

では、ひまわり生命のフェミニーヌとひまわり生命の健康のお守りを比較してみよう

保険の「女性向け」は、デパートやレストランの「レディースサービス」とは全く異なるものです。
イメージに惑わされずキッチリ比較してみましょう。

 

ひまわり生命のフェミニーヌと、健康のお守りを比べてみます。
※30歳女性、通院保障ナシ入院補償一日5,000円のプランをで比較します。
2013年9月の情報です。

 

  ひまわり生命フェミニーヌ ひまわり生命健康のお守り
保険料 5,049円(毎月) 1,790円
保険期間

15年
(15年後に更新します。そのときに保険料は年齢に応じて見直します)

終身
生存給付金 75,000円を3年ごとに ナシ
女性特有の病気で入院(※) 10,000円 5,000円
がんで入院 10,000円 10,000円
その他の病気 5,000円 5,000円
病気やケガで所定の手術をうけたとき 種類に応じて20,10,5万円 種類に応じて20,10,5万円
退院祝い

60日未満の入院:25,000円
60日以上:50,000円

ナシ
高度障害になったとき 500万円

ナシ

 

死亡したとき 500万円

ナシ

 

備考 通販商品  

こう見ると、フェミニーヌのほうが充実しているようだけれど・・・よく考えてみよう

3年に一度、75,000円もらえる、わーーい!

 

そう思う前に考えてみましょう。

 

フェミニーヌの保険料は、一年で60,588円。これを3年払ったら181,764円です。

 

75,000円もどってくるから残り106,764円が純粋な保険料ですね。
病気にならなければ、保険会社が持っていくお金です。

 

 

フェミニーヌと普通の、健康のお守りの最も違う点は

 

フェミニーヌは15年の定期保険

健康のお守りは終身保険

 

という点です。

 

 

 

ひらたくいうと、フェミニーヌは

 

女性特有の病気で入院すると一日1万円くれる保険で、
もし死んだ場合も500万円支払ってくれる保険だけど、

 

それは15年の間だけ。

 

45歳になったら、保険がきれてしまい以降の補償はない。
更新すればいいけれど、そのときに同じ内容の保険に加入しようとすると

 

6,278円

 

にアップしてしまう保険。

 

また、60歳になったら保険料は11,222円になるけれど、

 

61歳になったら契約の更新はできない保険。

 

 

 

健康のお守りのほうがいい?

健康のお守りは、特に女性用とか男性用とかそういう、〇〇向けということはありません。

 

男性にも女性にも、手軽な保険として人気があります。

 

 

この保険はひらたくいうと、

 

毎月1,790円を払い続けている限り、
入院補償・手術保障を受けることができる保険。

 

でも

 

病気になったり入院になったりしない限り、
お金は一銭も戻ってこないタイプ。

 

 

手軽な保険・手軽な保険料というけれど、

 

30歳に加入して、たとえば80歳まで保険が必要だとした場合

 

1,790円×12か月×65年=1,396,200円

 

決して手軽な額ではない保険。

 

ではどっちがいいのか?

どっちをどう選べばいいか?

 

これは、その人がどのように保障を必要としているかによります。

 

この15年だけ、死亡保障を含めて保障しておいてほしいと思えば、
フェミニーヌかもしれないですし

 

とりあえず一生涯の補償をキープしておきたいなら
健康のお守りもいいかもしれません。

 

同じように「女性向け」をうたった保険商品には

 

オリックスCUREレディー
アフラックレディース新EVER
メットライフアリコ 女性専用保険

 

などがあります。

 

保険は自分ひとりで比較検討するには限度があります。
プロに相談して意見を聞いてみましょう。

 

ただしうのみにしてはダメです。
手間ではありますが、何人かに相談して自分が最も納得できる保険を探してください。

 

※ちなみに相談は無料。そしてさんざん相談したあげくに保険には加入しないというのもアリです。
※高い買い物なのです。

 

結局かなりの金額を保険会社に払うことになるのです。
慎重に検討することに遠慮はいらないと思います。

 

おすすめの無料相談

保険ショップで相談するタイプと、自宅など都合のいい場所にファイナンシャルプランナーを派遣してくれるサービスがあります。

 

どちらがおすすめ?といわれるとファイナンシャルプランナーを派遣してくれるサービスがおすすめですが、
(理由はコチラ★)

 

究極的には、どちらも相談することが必要です。

 

わたしは4社で相談しましたが、
10社以上で相談をしたツワモノもいます。

 

100万以上の支払いをする買い物ですから、
それでいいのです。もちろん無理な勧誘はありません。

 

 

※2014年2月情報:保険相談で商品券を全員プレゼントしてもらえるサービスがあります。
 くわしくはこのサイト → 保険相談で7000円の商品券を全員プレゼント でチェックしてみてください〜!

 

 

 

マネモ
マネモ

保険ショップを検索できるサイト。
保険相談は1度で終わることは少ないため、通いやすい場所にある保険ショップにいくのが肝心。
保険の窓口、ほけん見直し本舗、みつばちほけんファーム、ほけんホットライン、保険のクリニックなど名だたる相談ショップを県別・地域別に検索することができる。
近所のどこに、保険ショップがあるかはとっさには思いつかないので、ここで検索してみるのがオススメ。
ちなみに相談は何度でも無料。何かトラブルがあった場合は、マネモが間に入って相談にのってくれるので、直に行くよりも安心。

 

保険の無料相談・見直しなら 【マネモ】

 

保険マンモス
保険マンモス

FP(ファイナンシャルプランナー)を自宅やファミレスなどに派遣してくれるサービスの老舗。老舗らしく、登録FPは厳選している。イエローカード制を採用しており、勧誘がキツかったり態度がよくなかったFPは退場させることができる顧客本位のサービスまである。(だけど実際に使われることは少ないらしい)
管理人も保険マンモスのサービスを利用したが、ここから派遣されてきたFPさんの知識の豊富さ・説明の丁寧さはピカイチだった。
自宅にあげることに抵抗がある場合は、FPさんの事務所・近所のファミレスなどどこでも大丈夫。ただ、保険はプライバシーに深くかかわるので基本的には自宅がおすすめ。

レベル高いFPさんとじっくり相談 >> 保険マンモス